vol.26 第二の段階としてのコオーディネーション能力